読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灯台下暗し

日々生きている中でのイノベーティブな出会いをメモ

【LAN】HUB無しで100m以上イーサネット通信させる【同軸・メタル】

こんにちはChuckyです。

 

今日はできるだけ安く長距離LAN環境を整備したい際に、いつも頭の片隅においている手法について記載します。

 

【いきなりまとめ】
 ・LANケーブルを使ったイーサネットは100m以上離れては使えない

 ・光ケーブルを敷設するのは高すぎる

 ・同軸線やメタルを使った方法について紹介


【くわしく】
 自分が新人のころ、ネットワークはほとんど勉強しておらず、「HUBとPCをLANケーブルでつなげば通信できるもの」程度にしか考えていませんでした。

 

その後、構内電気工事も含めた提案をする機会を与えてもらい、200m程度の距離に
LANケーブルを敷設する構成図を描いてしまい、上長にシバかれたことを覚えております。

 

それから勉強いたしまして、最近では以下のようなものを適宜選択します。

f:id:chuckychucky:20170326212015j:plain

 

それぞれの特徴としては、
 ①電源不要のLANリピータ
   ・100m地点に電源不要のLANリピータを入れることで、

    更に100m通信距離を延長することができます。

   ・末端側の機器が10W未満の機器ならPoE給電もできます。

www.dci.jp


 ②電話線の活用
   ・既存で電話線の予備がある場合に使いやすい。

   ・新設するにしても、ケーブル単価が安い。

   ・とりあえず距離は稼げるがvDSL規格のため、離れすぎると

    遅くなるため、帯域設計は必須。
 

hytec.co.jp


 ③同軸線の活用
   ・昔の防犯カメラのシステム更新などで使いやすい。
   ・PoE給電もできるため色々使い勝手がよい。

www.axis.com

 

 

私は使えるものは何でも流用してしまえというスタイルですので、

②や③はよく使います。

ただし、距離と通信速度が反比例することは注意が必要なため、

幹線には将来のことも考慮してGIやCat5eを使うことが多いですね。